ホルモンバランス

| 未分類 |

 

街を歩いていて、美しい髪の女性を見かけると、ついつい見とれてしまいませんか? 年配の女性であっても、白髪染めをきちんと施し、手入れしている髪の女性は素敵です。もし生え際に白髪を認めてしまったら、とても残念なことですよね。自身であっても同じことです。鏡に映った自分の髪の生え際に、もし白髪を見つけたら、その落胆は言葉にはできません。がっかりを通り越して、悲しくなってしまいますよね。生まれて初めて自分の髪に白髪を見つけたら、きっとピンセットで抜いてしまうでしょう。ちょっと待ってください! 白髪だって自分の大事な髪です、抜いてはいけません。そうはいっても、若い頃は仕方がないことかもしれません。白髪の正体は、毛乳頭で作られているメラニン色素が、なんらかの理由で作られなくなってしまうことにあります。人の毛髪は、ホルモンバランスの関係上、その数が減ることで抜け落ちてくることがあります。年齢とともに、毛髪が減少する場合が多いのはご存知でしょう。ですから、白髪といえども貴重な毛髪といえるのです。白髪染めを上手に使って、美しい髪を保ちたいものです。しかし、残念なことに白髪染めやお洒落染めは、毛頭や毛髪にダメージを与えてしまいます。使用後の毛髪が痛んでしまうことは、白髪染めの使用経験がある方なら分かるはずです。最近では、染料も開発が進み、ダメージもかなり軽減できるようになりました。ですが、使用後のケアを怠っては痛みの程度が違ってきます。商品によっては、使用中頭部にピリピリとした痛みを感じることがあります。そういう商品は、できるなら使わないことです。技術的に可能であれば、髪の根元を染める時は、細心の注意を払うことです。根元までしっかり染めることは大切ですが、頭皮にできるだけ付けないことです。白髪染めは、使用方法を守って使用することが大事です。塗り終えてから、放置する時間も同様です。早すぎると染め上がりに支障が出ますし、遅すぎると毛髪をさらに痛めることになるからです。使用後は、トリートメントも忘れずに使いましょう、白髪は隠れても痛みは隠すことができないからです。