皮膚のトラブル

| 未分類 |

皮膚の弱い方に限らず体調にもよりますので、白髪染めをする時は染める前に必ずパッチテストをします。(毎回行うことが望ましい)染料によってアレルギー反応をを起こし皮膚のトラブルになる場合がありますのでアレルギー体質でない方でも行います。比較的皮膚の弱い方にはヘアマニュキュアタイプの白髪染めがお勧めです。そしておしゃれ染めで白髪染めを行っても綺麗に染まってはくれません。白髪染めは黒い髪も白髪もムラなく同じ色に染めてくれます。イメージ通りの仕上がりになるよう白髪染めを知りましょう。染めた後に使うトリートメントとコンディショナー、同じものではないので違いを知ることです。トリートメントは髪の内部に作用します。傷んだ髪の内部に浸透して栄養(タンパク質成分)をあたえ、修復します。コンディショナーは髪の表面を保護し、キューティクルを整えます。このように働きが違いますので使う順番を間違えないようにしてください。シャンプーの後にトリートメントをし、最後にコンディショナーです。トリートメントは内部にしみ込むので少し時間をおいてから良く流します。コンディショナーはなるべく頭皮につけないようにしましょう。洗い流してもお湯にも溶けにくいようですので毛穴をふさいでしまいます。せっかくのお手入れが抜け毛の原因になってしまってはどうしようもありません。どうしても白髪染めを繰り返すと傷みやすくなるのは事実ですから染める頻度の多い方は特に頭皮も髪の毛もケアすることが大事になります。